2004年12月08日

プロモーションメディアとしてのblog

企業のプロモーションメディアとしてblogをどのように活用していくか、という点に関して今のところ試行錯誤の状態でこれといった方法論は確立していないように見受けられますが最近では、blogger達におカネを払い意図的に自社の製品について語らせる、という「Product Placement」としての使い方をしている企業があるみたいです。

■Product Placement Advertising Invades Blogs


というか、コンシューマーが企業の利害とは離れた第三者的な視点で好きなことを好きなように語れる、というところにblogの醍醐味があるわけで、上記のような方法はちょっと違うなと思うんですけど。

個人的には、下記の記事のようなblogをPRメディアと捉えて地道に一人一人のblogger達と関係を構築していく、というようなやり方がより一般的になっていくのかなと思います。
■Pitching to bloggers means building relationships
posted by Yahnny at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング・PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保存版・ブランディング講義録

ブランディングについて体系的にまとまっていてわかりやすい

■Talking Business With Branding Diva - Karen Post
posted by Yahnny at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング・PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界の最も優れた経営者は誰?

Financial TimesとPricewaterhouse Coopersが共同で行ったサーベイ調査によると「世界の最も優れたリーダーベスト10」は以下の通り:

■The world's most respected business leaders

1. Bill Gates (Microsoft)
2. Jack Welch (GE)
3. Carlos Ghosn (Nissan)
4. Warren Buffett (Berkshire Hathaway)
5. Michael Dell (Dell Computer)
6. Hiroshi Okuda (Toyota)
7. Jeff Immelt (GE)
8. Carly Fiorina (HP)
9. Steve Jobs (Apple)
10. Fujio Mitarai (Canon)

日産のカルロス・ゴーン氏が3位、マイケル・デルやスティーブ・ジョブズより上だよ。日本だけじゃなくて海外でもその経営手腕は広く知れ渡っているんですね。
posted by Yahnny at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング・PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

“世界の”CEOブログ

PR Wikiより
■世界のCEOブログ

ページ下部のリンクからはRSS Agregator でCEO blogの一括feedが可能。
posted by Yahnny at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング・PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月20日

RSS は次世代マーケティングツールか?

RSS配信はEメールマーケティング、バナー広告、サーチエンジン広告と同様に、有用なマーケティングツールになる、という話。
■Are RSS feeds the next great marketing tool?


それから、RSSによる広告配信(コンテンツ・ニュースの間に差込広告)もぼちぼち始まったみたいです。
■Ads start arriving in RSS feeds

また、下記の記事では通常の記事のエントリ以上に広告配信が増えるとスパム化に繋がる、と懸念。
■RSS ads borders on spam
posted by Yahnny at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング・PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブッシュとケリーを企業ブランドに例えるなら?

中道派の意見:
Kerry= スターバックス、アップル、TARGET、サブウェイ
Bush= ダンキンドーナツ、IBM、Kマート、マクドナルド

■Brand Mapping the Presidential Candidates

日本の企業で例えるなら、さしずめこんな感じでしょうか。
ケリー= ベローチェ、ホンダ、伊勢丹
ブッシュ=ドトールコーヒー、トヨタ、高島屋
posted by Yahnny at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | マーケティング・PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月19日

NYのフリーペーパー、人気の秘訣は?

日本(東京)でもフリー・ペーパーブームが起こっている感がありますが、ニューヨークでも同様、というか有名な「Village Voice」をはじめ、無数にフリーペーパーがあります。

そんななか、この春からニューヨークでも配布が始まり若年層を中心に人気を得ている日刊のフリーペーパー「Metro」の好調の秘訣を紹介。

■Fast-Reading Free Papers Win Readers and Imitators

この記事によれば、印刷機を所有せず、マルチタスクがこなせる編集者を集めて徹底したコストダウンを行っているのが一番の理由だとか。

後は、有料の新聞に引けを取らないクオリティ、そして通勤の合間に読むのに丁度良いボリュームである等。

有料の新聞との競合、というよりも新聞を読まない人達へのアプローチ手段として、有効な広告ツールになるかと思います。
posted by Yahnny at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | マーケティング・PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Marketing/PR toolとしてのblogの活用法

そろそろ海外のマーケティング・PR関連の記事も紹介していこうかなと思います。

まずは、

■The Power of the Industry Blog

ここでは信頼ある第三者からの観点で企業の商品やサービスを紹介してくれる"Industry Blog"が重要と言っています。"Industry Blog"とは自社のblogのことではなく、自社の業界のことをテーマとした一般消費者のblogのこと。その制作者たる"sneezer"達は積極的に企業の新商品やサービスを試したがり、そして自らのblogで語りたがる。そして、周囲への影響力も莫大である、と。

で、ここで例として紹介されているGoogle の「Gmail」のPRが面白い。彼らはGmailを一般公開する前に、サーチエンジン業界で有名なblogger達1,000人をピックアップし、最初に使わせ、意図的に口コミを誘発させる仕組みを作ったそうな。

その他、Industry blogを利用して口コミを誘発させるための方法などを紹介してます。


それから、これは企業blogを始めるためのTips
■14 Steps To Your Business Blog

"Just do it. Never mind risks, lack of resources, communications strategies."だそうです。とにかく四の五の言わずに“やれ”と。


その関連で、
■Seven Reasons Why Businesses Should Blog Now
企業blogの効用などについて簡潔にまとめられています。




一方、この記事では、buzz worthyな製品やキャンペーンをやっていながらBlogを作らなかったために顧客を獲得する機会を逃した企業を紹介。
■Ten Companies That Missed Great Blog Opportunities

DaimlerChrylser、Starbucks Coffee、映画"Spider-Man"などが挙げられています。面白かったのはコンドーム会社の話。自社のblogでエイズやコンドーム、セックスに関するニュースのほか、セックスに関するエッチでおバカなニュースを取り上げるべきだって。


そういえば、アメリカの大手PR会社「Edelman」のCEO・Richard Edelmanもblogを始めたそう。
■Speak Up
posted by Yahnny at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング・PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月26日

cafeglobe、お前もか。。

そういえば、知り合いがcafeglobeで記事を書いているというので、久しぶりにcafeglobeのサイトを覗いたら、イメージが全然変わっていて驚いた。

3〜4年前、彼らがサイトをスタートした当初は、いかにもファッショナブルで仕事ができる女性が好むようなエッジの利いたサイトだったんだけど、いま見たら大衆女性誌みたいになっててた。このサイトを知った当時、俺は小さな名も無いベンチャーでウェブマガジン事業の立ち上げに奔走していて、いわゆる同業者だったから、すごい注目してたんだよね。コンテンツもデザインも洗練されていて、ウチの会社じゃ到底適わないな、と悟りました(笑)折りしも女性サイトブームだったし、よく雑誌などでも取り上げられてた。でも最近のcafeglobeのサイトに限っては、広告はたくさん入っていてウザったいし、だっさいイラストは入っていたりしてデザインに統一感はないし、コンテンツも提灯記事みたいなの多いし、どうしたの?って感じ。昔と変わらないロゴだけが燦然と輝いていて、それが一層哀れです。

結局、どれだけトウの立ったコンテンツを作ったところでカネにならなかったので採算重視に転換した、ということでしょうか。実際、ウェブマガジンって儲からないっすからね。そこで実際にモノ売るとか、会員に対してメルマガ広告送るとか、そんなんでしょ。前の会社で色々試行錯誤してやってましたけど、エッジの利いた、質の高いコンテンツを作ろうと思ったら、そんなメルマガ広告とかじゃ全然採算取れないんすよ。質の高いコンテンツを作って、質の高い会員を集めたとしても、広告業界では「質」じゃなくて「数」が重要だからね。このcafeglobeの転換は、万人受けするようなコンテンツを作って儲けよう、ってことなんでしょう。でも、本来のターゲットである女性たち、そして隠れファンの私は泣いてますよ。

ちなみにewomanは、もっと儲かってなさそうだけど、ほそぼそと佐々木かをりの個人的趣味みたいな感じで(笑)地道にやっているので今も好きです(特に彼女のインタビューコーナーは秀逸ですよ)
posted by Yahnny at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | マーケティング・PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月25日

広告ビジネスに対する勝手な偏見

Al Ries/Laura Riesの本と言えば、たまたま本屋で手に取った本「The Fall of Advertising and the Rise of PR」は日本では「ブランドは広告でつくれない 広告vsPR」という名で結構売れているらしい。広告ビジネスは口先商売という気がして、何となく肌が合わない感じがしていたんだけど、それを見事に説明してくれました、という感じ。一方PRは地味だけど堅実。俺のイメージでは今ひとつ労働集約産業みたいな感じがあったけど、PRこそ、クリエイティビティなり戦略性が求められる分野だということです。「人気のセ・実力のパ」みたいなもんかね(笑)

広告ビジネスについて、もうちょっと書くと、広告代理店で働いている人の話や、彼らの雑誌でのインタビューなどを見ても、彼らの話は横文字ばかりやたら多くて、もっともらしく聞こえるけど、いまいち的を得ていないんですよ。ぶっちゃけ、以前働いていた会社が大手広告代理店と商社の合弁子会社だったので、そういう人にたくさん振り回されました(笑)(ちなみに商社の人間は逆に古臭い日本語を使って堅苦しいけど、何だかんだ言って実務家。確実に仕事をこなします)あ、もちろん補足すると、広告代理店には優秀な人はたくさん居ますよ。コミュニケーション能力は皆さん一様に高いし。俺が会社を退職前に影響を受けた陰の師匠も広告代理店のおエライさんですし。単純にバカ正直な俺の性格に、広告代理店という商売が合わないだけだと思います。トムクルーズ主演の映画「ザ・エージェント」じゃないけれども、そもそもエージェンシーという商売自体、クライアントへのベストサービスを提供することを名目にしておきながら、結局は自社の売り上げが最優先、という矛盾した構造というか傾向が好きではないだけです。ぴゅあですね(笑)ちなみにインターネット広告代理店に関しては、別だと思ってます。インターネット広告の場合は、いくら口八丁でうまいことを言っても数字で結果が出ますから。でも、だからこそ?商売としてはあまり儲けにならないのかもしれない。5万円のメール広告で15%の手数料、って言ってもねえ。。堅実な商売ほど儲からない、というのは悲しいね。
posted by Yahnny at 07:36| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング・PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。