2005年06月20日

Podcasting のバリューチェーン分析

・The Podcast Value Chain Analysis(PDF)


Podcasting のバリューチェーンとは9つに分かれ、
以下のように分類されるとのこと。

1)コンテンツ(Contents)
2)広告(Advertising)
3)製作(Production)
4)公開(Publishing)
5)ホスティング(Hosting/Bandwidth)
6)告知(Promotion)
7)検索(Searching)
8)購読(Catching)
9)視聴(Listening)

各バリューチェーン毎の現状分析と課題など
が詳しく書かれています。

まだ詳しく読んでいないのですが、
1)コンテンツの分析では
現状ではアダルトコンテンツが一番人気だそうです。
posted by Yahnny at 02:35| Comment(3) | TrackBack(0) | マーケティング・PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地方新聞社がPodcastingを開始

・Papers Turn to Podcasting, the Newest of Media(NPR)

新聞社は伝統的に新しいテクノロジーを導入するのが
非常に遅かったが、一部の新聞社ではオリジナルのインターネット
ラジオ番組を制作するなど、最新のデジタルメディアを
取り入れようとしている。

収益性については未だ不明だが、現時点では
podcastingはアーリーステージの段階にあり
収益は問題ではないとしている。重要なのは
ニュースメディアが新たな領域に進出したこと、
そして、podcastingがビジネスとして拡大した際に
収益が出るような体制を整えていることだ。


記事では、Philadelphia Daily News紙とDenver Post紙が
スタジオを作ってpodcastingの配信をしている様子が
写真付きで取り上げられています。

関連:
BusinessWeekもPodcastingを開始した模様です
posted by Yahnny at 02:33| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング・PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Ketchumもブログサービス開始

6月13日のプレスリリースによれば、世界有数の大手PR会社・Ketchumが、
新サービス「Personalized Media」を開始した。

具体的には、企業に対して、ブログやpodcasting、RSS、SEO、モバイル
マーケティングといったオンライン・ワイヤレスメディアを企業のコミュニケーション
戦略に統合するためのアドバイスを行うというもの。

カリスマPRブロガーのSteve Rubel氏(Micro Persuasion)によれば
このサービスについて、通常のアカウントチームではなく、
オンライン・ワイヤレスメディアの専門家がこのサービスを
行う点が面白いと皮肉的に述べている。

つまり、最も効果的なブログは、
「PRの知識があって、なおかつブログの知識も兼ね備えている
PRゼネラリスト」が実行するべきであり、オンラインメディアの
専門家では無理だと批評している。


また、大手PR会社Hill & Knowlton のNiall Cook氏は
Hill & Knowltonサイト内にある本人のブログにて
Hill & KnowltonがKetchumのようなPersonalized Mediaサービス
を展開していない理由について、下記のように述べている。

1)必要性がない
⇒既に過去10年間に渡り、クライアントに対して
 オンラインコミュニケーション戦略を立案してきた。
 ブログやpodcasts、RSS、wikiなどの新たなコミュニケーションツールは
 我々が既にやっていることの発展系でしかない。

2)まだ完全に準備ができていない
⇒我々は自社内で「従業員向けブログガイドライン」を作成したり
 「ビジネスブログコミュニティー」を始めたりしてきたが、
 いまだ試行錯誤の段階であり、クライアントに対して
 信頼性のあるアドバイスができる状態にはまだない。

3)重要なのはツールではない
⇒我々はクライアントが新たなコミュニケーションツールについて
 理解するのをサポートする必要がある一方で、真のクライアントバリューは
 彼らに、どのツールがクライアントに関係あるか/重要であるかを決定させ、
 優先順位をつけさせ、既存のマーケティング活動に沿って活用させるための
 ガイド役になることだ。

【参考】
ブログコンサルティングサービスを展開しているPR会社一覧
posted by Yahnny at 02:32| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング・PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

EビジネスにとってPodcastingが重要な5つの理由

・Podcasting emerges as an ebusiness tool(ITworld.com)

■EビジネスにとってPodcastingが重要な5つの理由

1)Podcasts lower the threshold for publishing audio content.
 Podcastsは企業及び一般ユーザーが音声コンテンツを公開する障壁を下げる

⇒かつては、高コストであった音声コンテンツの作成・配信が
 簡単に行うことができる

2)Podcasts encourage two-way communication with listeners.
 Podcastsはリスナーとのインタラクティブなコミュニケーションを促進する

⇒Podcastsは(ブログと同様)RSS2.0形式で構築されているため
 簡単に購読・コメント・トラックバックが可能。

3)Podcasts extend the reach of Internet sites.
 PodcastsはWebサイトの機能的な制限を拡張する

⇒ユーザーがWebサイトに触れる機会は限られているが
 Podcastsなら、ユーザーがインターネットに接続している間、
 もしくはMP3プレイヤーなどを介して、いつでもコンテンツを
 聞くことができる

4)Podcasting can be used to increase the frequency of contact with customers.
 Podcastingは、顧客との接触機会を増やすために使うことができる

⇒PodcastsはWebサイトの粘着性を改善するの効果的である。
 効果的なPodcastsはリスナーに定期購読(news feed)することを促進する。
 これはユーザーが自動的に最新のニュースをダウンロードしてくれる
 =顧客と定期的に接触する機会を増やす、ことを意味する。

5)Podcasts make audio files easy to find on the Internet.
 Podcastsは音声ファイルをインターネット上で見つけやすくする

⇒Podcastsはブログ作成ツールによって構築されていることが多いため、 
 更新するのが簡単である。頻繁に更新されると、サーチエンジンの
 検索順位が上がりやすくなるため、ネット上の他の音声コンテンツよりも
 上位に表示される。

【サマリー】
PodcastsはWebサイトを通して顧客と接触する新たなチャネルになるだろう。
Podcastsは音声ファイルで構築されているため、企業が音声特化コンテンツ
(音楽・講演・ラジオ番組)を配信する機会を切り開いたことは間違いない。
posted by Yahnny at 02:29| Comment(4) | TrackBack(0) | マーケティング・PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月12日

Podcastingについての調査中

Seesaaブログでは、RSS2.0に設定を変更すると
ブログの記事が自動的に音声ファイルに変換される
そうなんですが、これは新着記事に限ってなんでしょうか?
それとも既存の過去記事も対応するものなのでしょうか?

ってことで実際にテストです。


■音声化したファイル
posted by Yahnny at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング・PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月16日

ブログキャンペーンの失敗例!?

・P+G Goes Beyond "Beyond Lame"/AdPulp

P&Gが新デオドラント「Secret Sparkle Body Sprays」の
プロモーションとしてキャラクターを使ったブログをスタート。

・Sparkle Body Spray

しかし、このブログは、キャラクター自体が架空の存在であり、
ブログ本来の役割である「ユーザーとの対話」手段としては
全く機能していない"fake blog"であり、単なる商品紹介目的
のお遊びだと酷評されている。


ブログを使って話題性を出そうという目論見だったのでしょうが、
これでは単なる商品紹介ホームページと変わらない、
というブログの本質を見誤った例ですね。
posted by Yahnny at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング・PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソーシャルタギングで読むPRニュース

・PR Digest, a Reader’s Digest for PR folks/PR meets the WWW

ブログのアグリゲーションサービスが流行っているが、
例えばPR関連ブログを参照する場合、あまりにも数が増えすぎて
参照するのが非常に面倒だ。

そこで、ソーシャルタギングサービス(※)・del.icio.usを利用すれば、
ネット上のPR関連ブログ・ニュースを効率的に調べることができる。

・海外PR関連ニュースのtag

※最近、ソーシャルタギングという言葉をネット上でよく耳にしますが、
今ひとつ理解できなかったのでこの機会に色々調べてみました。

最近流行りのフォークソノミーなどの概念も含めて
要約すれば、以下の通りです。

・ソーシャルタギング:
 −自分の登録したブックマークをもとに、タグ(分類を示すキーワードや
  ラベルのようなもの)をキーに、他の利用者とつながっていくサービス

 [関連]フォークソノミー
  多数の人々が思い思いに入力した情報に基づく、このネットワーク的
  かつフラットな情報の構造概念は「フォークソノミー」(folksonomy)
  [folks(人々)とtaxonomy(分類法)を合わせた造語]と言われています。

・代表的サービス:
 −写真共有サイト・Flickr(フリッカー)
 −ソーシャルタギングサービス・del.icio.us(デリシャス)

SNS同様、このサービスの利便性はわかったとして、
これをどうマーケティングツールとして活用していくか、
というのが今後の課題となりそうです。

参照サイト:
・フォークソノミーとは/はてなダイアリー
・ネット世界をタグで分類する「フォークソノミー」/Wired News
・Flickrとdel.icio.usに始まるフォークソノミー/FPN
・del.icio.us でブックマークを管理/ueBLOG
posted by Yahnny at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング・PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元ブランドマネージャーが広告を批評するブログ

Johnson & Johnson、Coca-Colaでブランドマネージャーを務め
現在はNew York Universityで教鞭を取る傍らマーケティング会社
ThirdWayを経営するDavid Vinjamuri氏が、様々な企業の広告
キャンペーンを批評するブログを開設。

・ThirdWay Advertising Blog

キャンペーンの概要・ターゲット・コミュニケーションチャネル、
キャンペーンの良い点・悪い点などを総合的に評価していて
勉強になります。
posted by Yahnny at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング・PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

進むTVとインターネットメディアの融合

・MSN in Cross-Media Deal with Mark Burnett/ClickZ Network
・Cross-Media 2.0/ClickZ Network

アメリカではProduct Placement広告とネット広告を
組み合わせたパッケージ広告が人気の兆し。

ポータルサイトMSNが、RealityTV製作会社Mark Burnett Productionsと
新作のTV番組において、番組内のコンテンツと広告に関して提携することを
明らかにした。

新番組は「INXS Rock Star」。これは音楽バンドINXSの
ボーカルを一般からのオーディション形式で選抜していく模様を
描いたReality TVでCBS系列で放送される。

これは、昨年Yahoo!とMark Burnettが、Reality TV「The Apprentice」に
おいて、コンテンツと広告の分野で提携し、成功をおさめたことを
受けてのものだと思われる。

「The Apprentice 」は、かの不動産王Donald Trumpをチェアマンに、
10数名の志願者たちが毎週勝ち残りをかけて様々な課題に挑み、
最終的に勝ち残った者がトランプのapprentice(弟子)として、
Trumpの関連会社の経営権+数千万円のサラリーを得ることができる
というTV番組で、毎回高い視聴率を記録する超人気番組である。

志願者たちに課される課題は、いわゆるビジネススクールのケース
スタディ方式で、毎回Pepsi、Levi's、Dove、Nestleなどの企業を取り上げ、
プロモーション戦略の立案・新商品開発・セールスなどを行う。

制作会社のMark Burnettは、番組内で取り上げられる企業に対して
Product Placement feeとして広告料を徴収する一方で、
Yahoo!と提携して「Product Placement+ネット広告」という形で
パッケージ化して売り出したところ、これが大きな反響を呼んだ。

例えば、Levi'sが取り上げられた回では、
番組の最後に
「今回取り上げられたジーンズを見たかったら、Yahoo!ショッピングの
サイトにアクセスして"Apprentice Jeans"と検索してみてください」
という告知がなされる。

一方、Yahoo!のトップページでは、Yahoo!ショッピングへのリンクが張られ
番組内で志願者達が制作したLevi'sのカタログとジーンズが手に入る
JCPenneyのサイトへと誘導される仕組みになっている。

その後数週間、JCPenneyのサイトは80%増えたという。


Product Placementでブランドの刷り込みを行いつつ、
ネット広告で実利を取る、という戦略ですね。
posted by Yahnny at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | マーケティング・PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Burger KingのViral Campaign

「服従ニワトリ」をはじめViral Campaignを得意とするBurger King。

今回はブレックファーストメニューのプロモーションとして
オンラインゲームサイトneedforfeed.com.を開設。

ページの右下にある「Click Here to LOOK BUSY」を
クリックするとエクセルのシートが表示され、
仕事をしているように見せかけることができるほか、
カスタマイズ機能として、ゲームに登場するキャラクターに
自分の同僚の写真をアップロードして楽しむことができます。

McDonald'sがエスタブリッシュなイメージなのに対し、
Burger Kingは遊びゴコロがあって、ターゲットとしている
若者の心を見事に掴んでいる気がします。
posted by Yahnny at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング・PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月02日

AppleのPR事例で学ぶLong tail 論

・Apple PR, Catch a Tiger by the Head.../Media Guerrilla

Apple Computerの新OS「Tiger」が先日リリースされたが、
彼らのPR手法は、トップダウン型の商品PR、つまり
事前に大手マスメディアに対して製品の試供品を配布する
という極めてオーソドックスなものだった。

しかし、Appleのカルト的とも言える顧客層を考えれば
インフルエンサー達を対象としたマーケティング活動を
展開すべきではなかったか。

この製品の帰結点として、Long Tail論※におけるニュースカーブの
”Tail”の部分で話題にこそなれどインフルエンサーを起点とした
プロダクトリリースにおけるインパクトはさして与えられないだろう、
と述べている。


※インターネットの登場によって、情報・モノが流通する方法に
変化が訪れていることを示唆した「Long Tail」論。

Long Tail論とは要するに2割の商品が8割の売上げになる
といういわゆる80対20の法則から、フラットにモノと情報が流通
するようになってきているという話です。

マーケティング・PRに関わる人間としては
面白いトピックだと思うので、興味がある方は
掘り下げてみてください。

参考:
・The Long Tail /Chris Anderson(Long Tail論の提唱者)

・Long Tailとマスコミュニケーション全盛時代の終焉/ネットは新聞を殺すのかblog

・Long Tail:ビジネスモデルの基本形とは?/渡辺聡・情報化社会の航海図

・「The Long Tail(ロングテイル/ロングテール)」に関するメモ/小林Scrap Book Heartlogic


posted by Yahnny at 12:42| Comment(16) | TrackBack(6) | マーケティング・PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブロガーリレイションズ

・Blogger Relations Practice Launched By Internet Pioneers Issue Dynamics/Issue Dynamics,Inc

4月26日、ワシントンDCに本社を置くパブリックアフェアーズとインターネットの
コンサルティング会社Issue Dynamics Inc.(IDI)は、新サービス
「Blogger Relations」をスタートした。

サービスの概要:
 1)ブログモニタリングサービス
 2)ブロガーとのリレイション構築
 3)ブログ構築
 4)ブログ戦略の立案
 5)ブログ広告

クライアントには、Fortune 50企業、通商団体、政党などが含まれるという。
posted by Yahnny at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング・PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Richard BransonとYahoo!がビジネスコンテスト開催


・Yahoo! THINK BIG

Virgin Atlantic会長のRichard BransonとYahoo!がタイアップして
「Think Big Contest」と題したビジネスコンテストを開催。

このコンテストに優勝することによって
自社のビジネスがベネフィットを享受するか、という理由を
500文字で明記してエッセイを送り、優勝すると1,000万ドル分の
無料広告をYahoo!ネットワークに掲載することができる。
posted by Yahnny at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング・PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Googleがブランド広告を試験的に開始

・Google Launches Non-contextual CPM-based Ad Service/Adrants
・Google starts to reach for a bigger ad market/National Tribune

「クリック課金型のTEXT広告」を長らく採用してきたGoogleが
いわゆるブランディング広告と呼ばれるcpm方式のグラフィック/
アニメーション広告を試験的にスタート

広告主は、どこに広告を露出するか、どのような支払い方式にするか、
どのような露出をするか、コントロールができるようになる。
posted by Yahnny at 12:34| Comment(0) | TrackBack(4) | マーケティング・PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Wendy's のクライシス・コミュニケーションズ

今年3月、カリフォルニア州のサンノゼにあるWendy'sで、
ビーフチリのカップの中に人間の指が混入していた事件が発生した。

事件発生後、当初はこの事件をからかうような悪意ある報道が
相次いだものの、Wendy'sが適切な危機管理対策を採った結果、
悪意ある報道は鎮火。逆にWendy'sの危機管理姿勢を賞賛する
論調が増えてきている、というクライシスコミュニケーションの模範例。


■事件経過
・CSI: Wendy's Restaurants/The New York Times

■Wendy'sの危機管理
・Wendy's Gets a Break, but Still Has Work Ahead of It/The New York Times
posted by Yahnny at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング・PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PRスタントの面白い例

・Opera Boss Makes Good On Pledge To Swim Atlantic/techsmec.com

インターネットブラウザOperaのCEO、Jon S. von Tetzchneratが
PRの話題作りとして冗談半分に
「新製品のOpera 8が発売開始4日以内に100万ダウンロードを
超えたら、本社のあるノルウェーからアメリカまで泳ぐ」と公約したところ
瞬く間にネットユーザーの間で話題となり、100万ダウンロードを本当に
実現してしまったから大変。

話のオチとしては、とりあえずPR担当者と一緒に海に入ったものの
PR担当者が溺れてしまい、彼を救助しなければならないハメに。
アメリカまでの遠泳も中止になったとのこと。

多くの媒体で取り上げられ、格好のPR素材となったようです。
posted by Yahnny at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング・PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PR実務担当者とマーケターが分かり合えない理由

マーケターとPR担当者が分かり合えない理由は
広告・販促・イベントという、「メディアをコントロールする」ことに重きを
置くマーケターと、「メディアをコントロールできない」環境下にある
PR担当者では行動特性が異なるからだ、というレポート。

統合的なコミュニケーションを行うためには、お互いの行動特性の
思考の違いをしっかり認識することが大事、とのこと。

・Marketers v. Counselors: Never-ending Misunderstanding(PDF資料)
posted by Yahnny at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング・PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PR実務担当者はSEOを学ぶべき

・A game of hide and seek for the PR professional.../PR Opinions

ターゲットオーディエンスと効果的なコミュニケーションを図るには
ターゲットが誰か?彼らがどこにいるのか?彼らはどこで
情報を得ているのか?理解しなくてはならない。

あなたはどこで情報を得ているだろうか?雑誌、新聞、ラジオ、TV、
メーリングリスト・・・たくさんの答えがあるだろう。

しかし、驚くべきは、PR実務担当者がSEOをPRツールとして
活用していないことだ。サーチエンジンは人々がオンライン上で
情報を得るための最も影響力のある手段となりつつある。
posted by Yahnny at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング・PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GolinHarris会長のインタビュー記事

PR業界で約50年の歴史を持つ世界的PR会社・GolinHarris社の会長
Al Golin氏のインタビュー記事

・PR Face2Face: Al Golin, Chairman, GolinHarris/Musings from POP! Public Relations

一部抜き出し:
Q:PR志望の学生に何かアドバイスは?

Golin氏:
私ならビジネススキル、バランス感覚を身に付けるようアドバイスするだろう。
また、私がいつも驚くのは、PRの仕事をしていて、新聞を読まない・ニュースを見ない
若者がいることだ。

私はいつもニュースジャンキーだ。ビジネスの世界に身を置いているにも
関わらず、世の中で何が起こっているかわからない人々を理解できない。
今日何が起こっているかわからないのに、どうやってクライアントに対して
明日どうすべきかアドバイスできるんだい?

あまりにも多くの若者がトレンドに追いついていけていない。だから私はまだ
現役でいるんだ。私はいつも学び続けたいし、好奇心旺盛でいることはPRの
仕事をする上で最も重要なことの一つだ。


posted by Yahnny at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング・PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログはあなたのビジネスを変える

5月2日のBusinessWeek誌の特集記事
・Blogs Will Change Your Business/BusinessWeek

長いのでプリントアウトして、時間のあるときにでも読んでください。

posted by Yahnny at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング・PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。