2004年08月31日

大滝功ツアーを巡る憂鬱

どうも。先週末のボストンに引き続き、今週末カナダにあるナイアガラの滝&トロントに二泊三日で行ってきます。もちろんカネは無いのでチャイナタウンにある中国人経営の旅行会社にて申し込み。JTBなどで申し込んだら一人当たり350ドルは下らないところ、チャイナツアーでは一人135ドル。しかも、今回友達と3人で行くんだけど、3人で一部屋に泊まるということで二人分の料金(=270ドル)にディスカウント。つまり、一人当たり100ドル以下でナイアガラ行けちゃうわけです。しかもヒルトンとか四つ星クラスのホテルに泊まれるらしい。ホントか?まー、移動手段はバスということで、片道8時間かかるので、二泊三日の旅行と行っても実際滞在できるのはほんの少しなんだけどね。しかもチャイナバスだから汚い&臭いのは確実でしょう。

それはさておき、今回の旅の同行者はダンサーをやっている日本人の女の子&イベントマーケティングの勉強をしているタイ人の女の子です。二人とも学校のクラスメートではなく、パーティーで知り合いました。で、二人ともお互いのことを知らず、俺を介して繋がっているだけなので、今日は旅行に行く前に顔合わせをしようということになり、イーストビレッジにある居酒屋「Go! Restaurant」で一緒に飲んできました。

前置きは長くなりましたが、女子二人に男子一人(俺)という組み合わせ、両手に華に聞こえるかもしれませんが(つーか、俺もそう思ってた)、なかなか面倒くさそうだ。というのも、まず日本人の子は英語話せないし、タイ人の子は実家が金持ちらしく超ワガママ。今日のファーストミーティングでは、俺は彼らの間に挟まって、二人の通訳をしつつ、タイ人の子が機嫌を損ねないようにケアをする、という感じでした。その上、二人とも女の子なので、俺に対して「当日はモーニングコールしろ」とか「カメラ持ってないので、写真撮ったらメールで送ってくれ」とか注文が多い。幸運にもお互いのことを気に入ってくれたのは良かったけど。気分的には「美味しんぼ」の富井副部長な感じですわ。胃薬必須。
posted by Yahnny at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック