2005年05月16日

進むTVとインターネットメディアの融合

・MSN in Cross-Media Deal with Mark Burnett/ClickZ Network
・Cross-Media 2.0/ClickZ Network

アメリカではProduct Placement広告とネット広告を
組み合わせたパッケージ広告が人気の兆し。

ポータルサイトMSNが、RealityTV製作会社Mark Burnett Productionsと
新作のTV番組において、番組内のコンテンツと広告に関して提携することを
明らかにした。

新番組は「INXS Rock Star」。これは音楽バンドINXSの
ボーカルを一般からのオーディション形式で選抜していく模様を
描いたReality TVでCBS系列で放送される。

これは、昨年Yahoo!とMark Burnettが、Reality TV「The Apprentice」に
おいて、コンテンツと広告の分野で提携し、成功をおさめたことを
受けてのものだと思われる。

「The Apprentice 」は、かの不動産王Donald Trumpをチェアマンに、
10数名の志願者たちが毎週勝ち残りをかけて様々な課題に挑み、
最終的に勝ち残った者がトランプのapprentice(弟子)として、
Trumpの関連会社の経営権+数千万円のサラリーを得ることができる
というTV番組で、毎回高い視聴率を記録する超人気番組である。

志願者たちに課される課題は、いわゆるビジネススクールのケース
スタディ方式で、毎回Pepsi、Levi's、Dove、Nestleなどの企業を取り上げ、
プロモーション戦略の立案・新商品開発・セールスなどを行う。

制作会社のMark Burnettは、番組内で取り上げられる企業に対して
Product Placement feeとして広告料を徴収する一方で、
Yahoo!と提携して「Product Placement+ネット広告」という形で
パッケージ化して売り出したところ、これが大きな反響を呼んだ。

例えば、Levi'sが取り上げられた回では、
番組の最後に
「今回取り上げられたジーンズを見たかったら、Yahoo!ショッピングの
サイトにアクセスして"Apprentice Jeans"と検索してみてください」
という告知がなされる。

一方、Yahoo!のトップページでは、Yahoo!ショッピングへのリンクが張られ
番組内で志願者達が制作したLevi'sのカタログとジーンズが手に入る
JCPenneyのサイトへと誘導される仕組みになっている。

その後数週間、JCPenneyのサイトは80%増えたという。


Product Placementでブランドの刷り込みを行いつつ、
ネット広告で実利を取る、という戦略ですね。
posted by Yahnny at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | マーケティング・PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4474398

この記事へのトラックバック

ネットで稼げるコピーが3日で書ける! セー
Excerpt: 読むだけでなく実践しながら文章力がつく本です。例題も多くていいですね。本を読むことが苦手な方でも楽しく読み進めることができるでしょう。文章を書くことが苦手な方にお勧めの一冊です。項目が出ていて、わかり..
Weblog:
Tracked: 2007-10-12 00:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。