2005年03月07日

Blog専門コンサルティング会社設立ブーム

PR業界のスター・Steve Rubel氏がCooper Katz社内に設立した
blogコンサルティングサービス「Micro Persuation」に引き続き、
3月1日より、PR blogの有名人Elizabeth AlbrychtChristophe Ducamp
Guillaume du GardierNevile Hobsonらがblogやwiki、RSS、podcastなどを
新しいコミュニケーションツールとして、企業へのコンサルテーションを
行う「Blogging Planet」を設立した。

プレスリリースからの紹介文
Blogging Planet, an alliance of internationally recognized practitioners in participatory communications based in Paris, France and Amsterdam, The Netherlands, provides counsel and training to organizations in Europe and the United States on how to effectively adopt new communications tools, such as blogging, wikis, RSS feeds, podcasts, and more for a wide variety of corporate functions, including corporate communications, marketing, public relations, employee communications and investor relations.

blogが儲かると目を付けたら、動きが速いですね。日本でも早かれ遅かれ、こういうサービスが出てくるでしょう。


一方で、90年代後半のITバブルにホームページ製作会社Razorfishなどが隆盛を極め、やがてバブルの崩壊と共に消え去ったのと同じように、blogブームの終焉と共に消え去るだろう、と見る向きもあります。

a site of my former selfのShel Holtz氏によれば
I can’t help but remembering Razorfish and all the other Web development companies that littered the dot-com landscape in the mid-1990s. They focused exclusively on the Web, they charged huge fees, they attracted top-tier clients...and most of them are gone. Those that aren’t are significantly smaller than they were in their heydey.

主張の根拠としては、web製作もblogも、あくまでコミュニケーション活動の一つであり、他のオンライン・オフライン含めた全体的なマーケティング活動の中で捉えるべきである。ゆえに、「blogだけ」「webだけ」を取り扱ったコミュニケーションコンサルティングサービスなど意味がない、とのこと。確かにおっしゃる通り。
posted by Yahnny at 00:03| Comment(0) | TrackBack(1) | マーケティング・PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

今年はBlogの年になるのか
Excerpt: 企業のサイトをおこなっていると、時々なぜ企業がWebのサイトをつくり、個人もサイトを作るのか、という根本的な問題にぶつかる。 昨年からブームになったBlogについても、企業はBlogを使うべきな..
Weblog: BLOG - RuPu RuPuさんのブログ - RuPu RuPu
Tracked: 2005-03-09 19:50
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。