2006年08月21日

夏休みオススメ書籍

この一週間は夏期休暇が取れたため、
海外旅行にでも・・・と行きたいところだったのですが、
お金も無いので、この夏は都内でまったりしておりました。

だいたい朝はジョギング、午後は読書、夜は飲み、
という毎日で、ときどき映画観たり美術館行ったりはしてましたが、
傍目にはあまりぱっとしない夏休みかもしれないですね。

ただ、自分的にはじっくり考え事をしたいなと
思っていたので、それなりに有意義な一週間でした!

ご参考までにこの夏休みに読んだ本の中から、
マネジメント系・PR系・その他趣味系に分けて
オススメの本を幾つか紹介しておきます。

▼マネジメント系
□社長の椅子が泣いている(加藤 仁)
→元日本楽器(現ヤマハ)社長に就任後、ワンマンの会長に更迭され、
 その後ダイエーに移り、リッカーを再生させた名経営者の半生を描いた
 評伝。こんなすごい人が昔いたのか。

□八甲田山死の彷徨(新田次郎)
→どっかの会社で新入社員の研修テキストに使われていると聞いて
 読みました。軍隊も会社もマネジメントが大切なのは一緒です。

□志は起業を呼ぶ (玉置 浩伸)
→友人に薦められて読んだ本。ベンチャー経営の生々しい部分がよくわかります。

▼PR系
□影響力の武器―なぜ、人は動かされるのか(ロバート・B・チャルディーニ)
→オールアバウトの社長がお勧めしていて読みました。ボリュームが
 とにかく多いので、さらっと流し読むだけでもタメになります。

□新聞記者という仕事(柴田 鉄治)
□ニュースの職人―「真実」をどう伝えるか(鳥越 俊太郎)
→上記二冊はメディアを知る勉強として読みました。
「ニュースの職人」のほかに鳥越 俊太郎氏の書籍は
「人間力の磨き方」も読みましたが内容がかなりカブっていて
ガッカリでした。

▼その他趣味系(批評・ノンフィクション等)
□ヒルズ黙示録―検証・ライブドア(大鹿 靖明)
→AERAの現役記者が書いたライブドア×フジテレビ騒動の裏側を描いた本。
 取材力の凄さに驚きました。

□殺戮者は二度わらう―放たれし業、跳梁跋扈の9事件 (「新潮45」編集部)
→陰惨な殺人事件がどのようにして起きたのか、という裏側に迫るルポ。
 暗い気分になること請け合いです。

□大丈夫な日本(福田 和也)
→「国家の品格」に近い内容。日本の素晴らしさを再確認。
posted by Yahnny at 02:02| Comment(3) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごいたくさん読んだんですねー。
あ、私も夏休みでした。
私が読んだのは、「The BFG」子供向けの洋書です。それだけ。
毎日だらりと過ごしました〜。社会復帰がつらかったです・・・・・・。
Posted by 豆 at 2006年08月21日 17:36
コメントどうもです〜!!
またオススメの本あれば教えてくださいませ☆

つーか、豆さんのmixi日記もちゃんとチェキってましたよ。
(すいません、コメントしなくて。。。)
新潟帰ってたんですよね。

社会復帰できない者同士、
また近々暑気払いやりやしょうー。

ワタシはあと2週間は復帰に要しそうです。。。
Posted by Yahnny at 2006年08月21日 23:52
TBさせていただきました。

久しぶりに貪るように本を読みました。
Posted by タウム at 2006年09月17日 22:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22606154

この記事へのトラックバック

元日本楽器社長のノンフィクション 加藤仁著「社長の椅子が泣いている」
Excerpt: いやー、面白かった。 久しぶりにページをめくる手が止まらなくなくなる本に出会いました。 むさぼるように読んだ本です。 というわけで今日は、いつもより熱をこめてオススメする 加藤仁著 ..
Weblog: 本読め 東雲(しののめ) 読書の日々
Tracked: 2006-09-17 22:40

経済成長は必要。移民も必要。
Excerpt: 福田和也氏の「大丈夫な日本」では経済成長は諦めて、江戸時代のような社会に戻るべきだと説いているが全く誤った考えである。他の国々は経済成長を続けるのだから将来より他国に遅れをとってしまう。今の社会が居心..
Weblog: 日本はもっと移民を受け入れるべきか?
Tracked: 2006-10-23 20:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。