2005年02月21日

米スターバックスがアルコール飲料に新規参入

StarbucksがJim Beamと提携してコーヒーリキュール「Starbucks Coffee Liqueur」の販売に乗り出す。商品はスターバックス店舗では販売されず、酒屋・レストラン・バーなどで販売され、価格は750mlで$22.99。以前にもPepsiCoと提携してボトル入りコーヒー飲料や、Dreyer's Grandと提携してアイスクリームを販売したことがあり、両者で毎年86億ドルの収益を上げる人気商品になっている。今回の「Starbucks Coffee Liqueur」では、年間80億ドルの売上げを期待している。10年前にもStarbucksブランドでリキュールを売ろうというアイデアがあったが、挫折した経緯があり、今回は市場調査の結果「顧客の50%がliquer drinkers」であると判明し、販売に乗り出したとのこと。

元記事(NY Times)
posted by Yahnny at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング・PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。